心の病気を解決させるため心療内科を受診してみよう

ウーマン

心の病気は誰にでも訪れる可能性がある

日本は大きな発展を遂げ、様々な手段で人と関わりを持てるようになりました。しかし、その一方で増えているのが、心の病気です。仕事でのストレスや人間関係のもつれなど、様々な問題から症状が生まれます。そのため、心療内科では様々な症状に対応できるよう、1人1人の相談者に、丁寧に話を聞く事で、問題解決に力を入れています。

頭を抱える人

どこにでも問題は潜んでいる

岡山では心療内科に通うのは「うつ病」などの症状の人だけと思われがちです。しかし、うつ病は有名な心の病気の1つにすぎません。他にも「強迫性障害」や「パニック障害」など、様々な病気が存在します。注意深いだけ、歳を取ってしまったからなど気に留めていなかった事が、実は大きな病気のサインであることもあります。少しでも疑問に感じたら、心療内科で相談するのが大切です。

心療内科を受診した患者さんの感想

腕を上げる人

長年の悩みを解決してくれた

長いこと仕事や日々の生活で悩みを持っていました。しかし、友人に相談しても一向に改善されず、むしろ相談してしまった事自体に、自己嫌悪を起こしてしまったりしていました。そんな時に、心療内科のカウンセリングを勧められました。最初は緊張していたのですが、徐々に自分の話を聞いてもらうことで、頭の中が整理でき、自分が抱えていた悩みを解決する考えが浮かぶようになりました。

眠れるようになったのが嬉しい

うつ病を発症してから、何をするにも様々な事で悩んでいました。そのせいで、夜もなかなか眠れなくなっていたのですが、紹介された心療内科を受診するようになってから、客観的に自分を見る大切さを学ぶことができました。なにより一番驚いたのは、心療内科でカウンセリングを受けた日に、ぐっずりと眠ることができたことですね。

時間をかけて解決する必要がある

心の病気は誰にでも訪れます。しかし、多くの人がそれを「甘え」と感じ、無理にしまい込もうとしてしまうのです。心の病気とはけして甘えなどではなく、これまでその人が頑張ってきた証でもあります。東京の心療内科では、「心の療養」と呼び、ゆっくりと休むことを勧めます。体に疲れが出るように、心にも疲れは出ます。その疲れを癒やすことで、心の病気は改善されるといわれています。

趣味を作ったり新しい事を始めるのもいい

疲れていても、病院などに通っている時間がないと考える人は少なくありません。そんな状態で無理に病院に通おうとすると、その行動がストレスへと変わってしまいます。そんな時は、楽しめる趣味を作ってみるのがいいかもしれません。また、今まではやったことのない事に取り組むことも、息抜きになることがあります。

広告募集中