カウンセリングを行って不眠症の悩みを解決しよう

カウンセリングを行って不眠症の悩みを解決しよう

腕を広げる人

日本人の5人に1人が悩んでいる問題

夜寝付きが悪かったり、眠りが浅いという「不眠症」の症状に悩みを持っている人が、日本人の5人に1人の割合でいます。また、男性よりも女性の方がこの症状が多く見られるといわれています。眠りが浅くなってしまったり、十分な睡眠が取れていない場合、人間の体には様々な異常が表れます。「若いから大丈夫」とそのままの状態を続けてしまうと、様々な問題を引き起こしてしまう可能性もあるでしょう。

カウンセリング

心の悩みを取り除くことで不眠が解決する事もある

不眠症の大きな原因といわれているのが、日々のストレスとされています。仕事の疲れや人間関係の悩み、日々の小さなストレスの積み重ねから、様々なものに敏感に反応したりしてしまいます。そのため、小さな物音ですら目を覚ましてしまい、結果として眠りが浅くなってしまうことがあります。人によって効果のほどは変わってきますが、カウンセリングを行うことで悩みを軽減させ、不眠症が改善した例も東京にはあります。

不眠症になってしまう原因を比較してみよう

精神的なストレスが原因の不眠症

人間は過度な精神的ストレスを抱えてしまうと、様々な症状が体に起こります。心拍が早くなったり、血圧が上昇したりと活発な働きをします。これは人間の中にある、交感神経と呼ばれる神経が強く働いているためです。この神経が働くことで、脳の中では敵からの防衛対策を取らなくてはいけないという指令が出されます。この状態で眠りにつく事は難しく、不眠症に繋がってしまいます。

冷え症などが原因の不眠症

人間の体は、睡眠前に血流を巡らせ、暖かくした状態で睡眠をとるとされています。そのため、冷え症などの症状を持っている人はどうしても体が冷えてしまい、睡眠の妨げになってしまいます。しかし、血の巡りをよくすることで、人間の中にある「副交感神経」と呼ばれる神経が働きます。この神経の働きは、脳にリラックス効果をもたらすとされているため、睡眠の手助けを行なってくれます。

広告募集中