不登校になってしまう子供の悩みを聞いてみよう

不登校になってしまう子供の悩みを聞いてみよう

カウンセリング

心の変化が多い子供達の悩み

子供は大人が考えている以上に、様々な事柄に敏感になります。そのため、学年が上がったり、進学したりなどの区切りで、様々な不安を抱えることがあります。その不安は家で生まれたり、学校で生まれたりと様々です。その問題を解決することで、将来の役に立つことができると考える人もいますが、解決方法を知らずに模索する事ができる子供は、なかなか多くはありません。大人は、そういった子供達の悩みに気付いてあげる必要があります。

学生

不登校は家族皆が関わること

学校で大きな悩みを抱えてしまった子供は、その自衛の為から学校へ行くことを拒否する事があります。これが「不登校」と呼ばれる現象ですが、この時に子供を攻め立ててしまうのは間違いです。子供は大人と違い自分自身を防衛する術があまりありません。そのため、考え抜いた術が「不登校」なのです。子供が何に悩んでいるのかを知り、解決の糸口を見つけられるのは、一番近くにいる家族です。

婦人

時には別の視点から考えよう

不登校の子供の中には、両親や兄弟ですら拒絶を見せることがあります。家族のことだからと自分達だけで解決しようとしてしまうと、大きなストレスへと変わってしまい、トラブルを引き起こす原因にもなってしまいます。そんな時は、カウンセリング等を利用してみましょう。東京や大阪にある施設では子供のカウンセリングだけでなく、両親などのカウンセリングも行うことで、心に余裕を作る取り組みを行っているのです。

子供が不登校になってしまうきっかけを知ろう

女の子

ストレスによる心の病気が原因

子供の不登校の原因は様々ですが、「学校にいきたくない」と強く感じる事が多いといわれています。「怠けている」と考える人も多くいますが、子供の中では様々な葛藤が渦巻いている可能性があります。些細な事の積み重ねから、気付いたら大きなストレスに変わってしまい、結果として不登校になってしまう事もあります。そのため、カウンセリングなどを行い、子供の心の悩みを吐き出させてあげる必要があります。

家庭環境に苦しんでしまう事が原因

家族の問題で不登校になってしまう子供もいます。子供は両親の事を見ながら成長します。そのため、両親が喧嘩をしている姿をよく見ていると、精神状態にも強く影響を見せてしまいます。本来ならば、家出に繋がってしまう問題ですが、ここで「離婚」という問題に発展した時、子供は自分の体を使ってそれを防ごうとします。それが不登校のきっかけになるとされています。

学校で起こるトラブルなどが原因

学校には様々なトラブルがあります。その中でも比較的不登校のきっかけになりやすいのが「いじめ」の問題です。子供同士のじゃれあいと、先生達は微笑ましく見ている事もありますが、受けている子供の考えにズレが乗じると、楽しい遊びも「苦痛を伴ういじめ」に発展してしまいます。そうなると、学校へ行けばまた同じことが起こると考えてしまい、学校へ行かなくなってしまうのです。

広告募集中