心の中に溜めている問題や悩みをカウンセリングで解決

心療内科では様々な心の悩みを聞く

仕事や人間関係など、様々な理由で心に疲れを溜め込んでいる人が多くいます。自分で適度なリフレッシュ法を持っている人もいますが、吐き出すことができず、心に悩みを溜めすぎてしまう人も少なくありません。練馬の心療内科では、その悩みに耳を傾けることで、一緒に解決方法を考える事に力を入れています。

心の中に溜めている問題や悩みをカウンセリングで解決

波線のハート

話を聞くことに意味がある

様々な問題や悩みを抱えてしまう人の多くは、誰かに相談することができていない状態です。そのため、自分で問題を可決しようと頑張りますが、答えの糸口が分からず、更に悩んでしまう結果になります。そういった状態から抜け出すために、心療内科では「カウンセリング」と呼ばれる心理相談を行います。

カウンセリング

様々な種類のカウンセリング方法

相談者の話を聞いてあげるカウンセリングですが、問題を持っている人の中には、話をするのが苦手な人やなかなか人と打ち解ける事が難しい人もいます。そのため、カウンセリングにも様々な種類が存在します。横浜では、初診で相談者の問題や悩みを聞きます。その内容に合わせて、カウンセリング方法を模索します。

女医

カウンセリングは立場が変わることで変化する

相談者の悩みを聞くカウンセリングですが、相談者の立場が変わると、その意味も大きく変化します。心を元気づけるために行われるカウンセリングもあれば、仕事や人間関係などで自分自身を高める方法を相談するのもカウンセリングの1つになります。また、地域や団体などでスタッフの相談や職場つくりなどを行うこともカウンセリングにあたります。

相談する人とされる人の立場で目的が異なるカウンセリング

「相手の話を聞く」という意味を持つカウンセリングは、相談を受ける側とされる側の立場で目的に違いがでます。先生と患者さんなら「診断カウンセリング」、上司と部下なら「メンタルケア」と、呼び方も変わってきます。しかし、目的が変わってしまっても、カウンセリングの大本である「話を聞く」事は変わりません。仕事や日々の問題や疲れを取り除く際に、カウンセリングは大きな役割を担ってくれます。

広告募集中